studio Odyssey



スタジオ日誌

日誌的なもの

ピックアップ

勇者ちゃんシリーズ

 連載中の勇者ちゃんシリーズ一覧。
 更新は3ヶ月に一回くらいの割合。(今のところ)

 公開順。

勇者ちゃん、旅立つ!

 あれは、16歳の誕生日。  私は──勇者の子は──旅立った。  この物語は、その勇者の子である私が、やがて伝説の勇者と呼ばれ、その仲間たちと共に世界を救う事になるまでの、長い長い、旅の記録である。...

勇者ちゃん、街道を行く!

「ま、まあ、あれです。どうぞ」  と、私は皆を促す。  夕暮れ、城壁から少し離れた、街道はずれの森の入り口。小さな湖の畔に、バンガロー風の家。私の生家だ。もう戻ることはないだろうと思っていたけれど、...

勇者ちゃん、ダンジョンに挑む!

「なるほど、やはりそうか」  と、テネロパ鉱夫ギルドの長であり、この街の実質トップでもある壮年の男性は、唸るようにして呟いた。 「この信書の中身については、何か聞いているのか?」  テネロパの中央区...

勇者ちゃん、森を征く!

 森に面した、小さな村、パルベ。  その小さな村の、小さな酒場に、私たちはいた。 「いやいや、だからちげーよ」  ダガーさんが、私の手元を覗き込みながら言う。そうは言ってもだな…… 「えっと……だか...

勇者ちゃんと、王都の動乱(前編)

 鍵石という不思議な石は、門石という石と共鳴し、ふれあう者たちをその石の元へと転移させる、不思議な力があるという。  眉唾だなぁと思っていたけれど……  果たして、その石の力によって私たちは、 「ど...

勇者ちゃんと、王都の動乱(後編)

「思った以上に、エルフにも受けが良かったな。質素な食生活かと思っていたんだが」  残りのミネストローネを、アルさんが突き出したお椀によそって、ダガーさん。 「逆に凝った料理だった分、受けが良かったん...

勇者ちゃんと、錬金術師の塔

 さすがは聖騎士、チロルさん。  突如森に現れたという、ノヅチとかいう、蛇だかミミズだかよくわからない──頭に口しかなくて、目も鼻もない──気持ちの悪い化け物を、ざくっとその槍で突いて、あっという間...

勇者ちゃんと、竜の赤い石(前編)

 ぽくぽくと、夜明け前の丘を、馬で行く。  西へと伸びる巡礼路は、この丘の向こう、ナール帝国、デヴァリ公国領、エル・トゥラ=ランサ自治区へと続いている。  背中から差し込んでくる朝日が、下草もまばら...

勇者ちゃんと、竜の赤い石(後編)

 それからまた、数日。  配達のお仕事をやったり、研究室に顔を出したり、いつの間にか聖堂城の立ち番に顔を覚えられたりして、何日後かの、満月の夜。  こっそり、私たちは研究室を抜け出した。  研究室前...

勇者ちゃんと、偽りの女王(前編)

 草木の生えない山の上に、その遺跡はあった。  アルさん曰く、森林限界と呼ばれるその先にあった遺跡は、小さな魔力の塔を護るように造られた、かなり古い時代の城塞遺跡であった。 「鉱石魔神がわいてるって...

勇者ちゃんと、偽りの女王(後編)

 燃えさかる炎を沈めるために、ネリさんとむぎちゃんが魔法を詠唱し、局地的な雨を降らせていた。  音もなく降り続ける、霧雨のような雨。  足元に立ち込める薄靄を割って、私たちは倒れたアーオイルの元へと...

勇者ちゃんの、世界の記録

 海から吹き付ける、氷を含んだ冷たい風。  厚い雲に覆われた、北の大地のその向こう。  灰色の空が覆う冷え切った草原の中に、その巨石群遺跡はあった。 「ストーンヘンジより、圧倒的に大スケールだな!」...

勇者ちゃんの、運命の向こう(前編)

「すげぇ!」  アルさんが飛竜の背の上で声を上げた。  見渡す限り、視界のすべては海、海、海。その眼下、ぽっかりと海に大穴が空いていて、そこに滝のように海水が流れ込んでいる。  果ての海のその向こう...

勇者ちゃんの、運命の向こう(後編)

「ユリアー!」 「わ! どうしました!?」  そんなこんなで、私とアルさんは北限の村のさらに向こう、北の最果て、オルムがすべての叡智を残した遺跡の最奥、シーカー達の研究室のドアをばーんと開けて飛び込...


2021.01.01