studio Odyssey



スタジオ日誌

日誌的なもの

2014.03.26

へいへーい

Written by
しゃちょ
Category
ネトゲ

 久しく書いてなかったな。ブログ。

 生きてますよ。つーか、FF話をするはずが、しないで2ヶ月。いつの間にか、新パッチでますよ。前回書いたのがパッチ直後くらいだったようなきがするなー。年度末は忙しいんだよ。ゲームもしなきゃだしな。

 えーと、なんだっけ。

 FFの話は、まー、気が向いたら。FF、いまだにやってますが、これ、2時間くらいでそれなりに遊べるので、悪くないです。あ、FC入りました。ソロ狩りしていたら、誘われたんで、ふらっと。ふらっと。まー、特にここの話したりしてないんで、みんな知らないかと思いますが、特に隠しているわけではないので、見つかったらそれはそのときで。割といい仲間たちなので、それなりにたのしいです。みんな、自分で楽しくいこうって感じの人たちなので、楽でよいです。

 まー、ROのときみたいにギルマスをやるってことは、まずなさそうだなーという感じです。そこまでFF含め、MMOにはもうはまらないかなぁ。

 社会人がやるゲームとしては、FFはそれなりに楽しめると思っています。廃人たちにはヌルゲーでしょうけどね。僕、廃人じゃないで。ええ、違いますよ。効率からもっとも遠いギルドのマスターでしたからね。

 今日はFFはパッチデー。

 明日から新パッチですよー。

2014.01.14

FF14近況

Written by
しゃちょ
Category
ネトゲ

 中盤の話をしようと思ってて、忘れていたわけですが、えーと、取り合えず、現在の状況。

 学者50に続き、白魔道士も50になりましたー。ぱちぱちー。

 いまや、55軍票装備に、左は頭胴ヴァンヤ、他DLです。

 メインクエストは終わっていません。

 今は、持ち物が溢れてきたので、ピンク装備を片付けようと、斧をあげています。タンクね。タンク装備をまとめれば、結構片づくはず。

 あー、格闘上げないと、戦士のアディショナルとれねーや。

 いつクリアすんだ、俺。

2014.01.03

FF14をやる人ら

Written by
しゃちょ
Category
ネトゲ

 前回の話。

 3国を回れるようになると、サスタシャ、タムタラ、トトラクといった、初期3IDに行くことになります。このあたりで、やっとこMMOっぽい、人とのふれあいがあります。MMOってか、MOですけど。インスタンスダンジョンなんで。

 ここらで、MMO初心者というか、オンラインRPG初心者の人は、いろいろけっつまづくんじゃねーかなーと思います。FF14は、ロール(役割ベース)のゲームデザインなんで、ロールベースのオンラインRPGやったことないと、ちょっと躓くかなーと思います。

 まぁ、このあたりは、ゲームの中で解説が全然なかったりするんで、ゲームデザインが悪いと言えばそれまでなんですけど、ある程度は、プレイヤー側で勉強しないといけないかなーって感じの作りになっています。FF14のよくないとこ。

 つか、ゲームなのに事前に予習したり、勉強したりしないといけないっていうのが、今のFF14なんで、それがいやだって言う人は、ちょっと合わないかもしれません。予習なしで、完全に初めての状態でダンジョンに行くとか、ちょっと周りから白い目で見られるかもしれません。たぶん、8割くらいは大丈夫だと思いますが、残り2割くらいの人から、嫌み言われるかも知れませんねー。まー、僕も、なんだこいつ?くらいは思うでしょう。別にそれもゲームだと楽しめるタイプなので、僕ぁいいんですが、そうでない人も、それなりに居る。MMO RPGって、そもそもそういう、清濁併せ呑むくらいの気概がないと、楽しめないと思うんですけどね。

 まぁ、ともあれ、3国IDを抜けてこられるかどうかが、このゲームの最初のハードルかと思います。難しいとかそういうことはないんですが、雰囲気とか、MMO RPGとしてどうかって言うところで。

 この辺り抜けてしまえば、だいたい、このゲームの全体像が見えてくるかと思います。

201401020001.jpg 3国IDの次は、蛮神戦です。画像は最初の蛮神、イフリートさん。初めての時は、苦戦した気もするけど、今いくと、数分でクリアしちゃうんだよなぁ。

続きを読む <FF14をやる人ら>

2014.01.01

FF14を振り返る

Written by
しゃちょ
Category
ネトゲ

 FF14のプレイ日記を書いていたような気がするが、いかんせん、間が開きすぎたので、プレイ日記形式のものはやめようと思う。っていうか、前のやつも、そんなに評判よくないっぽかったし。

 普通に、FF14のプレイ話を、画像を交えてお届けするスタイルにします。はい。

 えーと、とりあえず続きからでもいいんですけど、最初から、回想しましょうか。はい。

20131013001.jpg  キャラクターは、ヒューランミドラン娘。

続きを読む <FF14を振り返る>

2013.12.09

えーと

Written by
しゃちょ
Category
ネトゲ

 えーと、なんだっけ。あ、FF14だ。いい加減、SSのひとつでも乗せろよって話ですか、すみません、正直めんどくさい。

 SSは一杯撮ってるんで、ネタはあるんですけどね。ボス部屋で閉め出された話とか?DPSだったんで、問題なかったんですが。

 えーと、剣術のレベルあげは終わりました。31まで。ナイトになってハウケタ行こうかなーと思って、学者で予習しに行ったら余裕でした。パーティー次第だ、あれ。まあ、自分も幻術で34までID通いしてたんで、それもあるでしょうけど。

 50までばーっと上げて、メインクエストクリアしてからサブやるかーって言う流れもいいと思うですけど、おっさんゲーマーはクリア前にサブジョブやるのもいいかもしれません、このゲーム。

 というのもてすね、FF14はタイトル的なこともあって、年齢層ひろいっぽいんですよ。なんで、ロールベースのパーティーゲームとか、よく解ってない層がそれなりにいるっぽいんです。

 なんで、動きがぎこちない子とか、割りと多くて、それをフォローすんのに、サブジョブ上げておくと良いんですよ。説明できるし、合わせてあげられる。

 おっさんはタンクやれって言われたら、このゲーム、ヘイトあるからって情報だけで、何を調べるべきか、どう立ち回るべきか想像できるでしょ。でもこのゲーム、それ、ふつーに知らない子とかざらにいる。

 そこで、糞がーって言うのも別に否定はしないけど、RPGの究極目標が、TRPGのそれと同じように、参加者全員が楽しむことであれば、そういう態度もどうかと思うしね。

 そのために、サブジョブを早めに上げておくっていうのも、ありかなと思うわけです。

 取り合えず、サブも34まで行ったので、学者に戻ってメインクエスト進めてます。相変わらず、寄り道は多いですがね!(40越えてるんですが、装備欲しくてブレフロ周回してます)

2013.11.27

近況

Written by
しゃちょ
Category
ネトゲ

 FF14やってます。あれ、プレイ日記どうした?今ですねー、剣術が、lv19になりました!

 学者はどうした。

 いやねー、メインクエストがですねー、終わってませんよ?

 終わってないんですが、サブあげてます。いや、だって、やってみたいじゃん、いろんなクラス。そう言うのができるデザインなんだしさ。

 簡単に遍歴を書くと、巴30→呪26→幻15→学40→剣8→幻30→剣19です。ほら、別に変じゃないだろ。アディショナル考えれば納得だろ?剣8はフラッシュ用なんですよ。ほら、変じゃない。

 メインクエストクリア前にアディショナルが必要とは思いませんがね。

 で、幻術はあれです、ストンスキン。あれがほしくてね、必須じゃないとは思うし、メインクリア前にはいらないだろうと思うんですよ。でもね、ID行って、プロテス張って、行くかねーって、タンクの動き見るじゃないですか。するとですよ。ん?って感じの一拍あって、ああ、おけ、ストスキないのね。みたいになるじゃないですか。ファースト学者にしかわかりませんよ!わかんないですよ!あ、じゃ、いきます。はい、すみません。みたいな。

 いたたまれないぃぃ!(被害妄想

 なので、取ろうと。とっとこうと。

 で、幻術でID回って、ハウケタですよ、ハウケタ。僕の学者デビューの地ですよ。初陣で、DPSが「抜けるわ」って、抜けてしまった、トラウマのハウケタですよ。クリアはしましたが、初陣がそんなハウケタですよ。

 幻術でも、全滅みえたー!?(全滅はしなかった。巴がいたので)

 ブレフロより難しいんじゃないかっていうね、中ボスの二匹のところの、魔法使う方は、ヒーラーが耐えるゲームなんだよね?俺、それ以外やった事ないし。

 巴が、青かーくんから黄かーくんにしてくれたときなんかね、惚れたね。ボスでタンク落ちて、俺死んで、あーって思ったら、リザレクきてね、きゅん!ってしたもの。な、なんなの?あたしにそんなことしたって、DPSは、DPSの扱いしかしないんだからね!っていいながらも、きゅんきゅん濡れちゃうみたいな。ツンデレっていうか、堕ちちゃうー!もぅあたし、あなたたちのためなら、なんでもする!「一生俺に付いてこい」(黄色かーくん)とかいわれたら、あたし、付いていく!首輪とかされたっていい!

 みたいな。

 まー、かーくん喋りませんけどね。(巴の人とも会話なく別れました)

 剣術あげてます。

 やらなきゃわからない苦労もあるだろうし。もしかしたら、あの場面ではロブも打てない理由があるのかも知れない。フラッシュは届かないのかも知れない。挑発→ロブとか、難しいのかもしれない。または、ヒーラーなんか、耐えられるんだから、食らってろって言う放置プレイはぁはぁな場面なのかもしれない。

 なんか、暴走。

 ともあれ、ハウケタまでやるかはわかんないですけど、一人も殺さずにハウケタ突破したいなー。

 また寄り道中ですが、メインクエストは学ですすめますよー。タンク装備、可愛くないんだもん。

 まー、確かにタンクは動き覚えるまでは大変ですね。思ったようには動けない。ギルドオーダーとIDを5,6回やって、やっと動けるようになってきたってところです。

 あ、ハウケタって、メインクエスト6個目なんですね、今知った。

2013.10.29

FF14 どんなもん?

Written by
しゃちょ
Category
ネトゲ

 サボってまーす。

 FF14のプレイ日記の話ね。プレイ自体はしてます。日に2時間くらい。いつの間にか、IRCのお友達に抜かれました。レベルそろったら、どっかいくかーとか思っていたのですが、寄り道をする誰かのせいです。俺です。すぐに追いつくのでいいのです。

 学者がやりたいので、呪術士に寄り道しました。はい、そこつっこまなーい。(呪術士は召喚士の前提)

 いや、ちょっとやろうと思っただけなんだよ、魔法使い。そしたら、ギルドマスターとかココビコとか、可愛くてさ!(ララフェル)クラスクエストが気になってさ!

 26レベルまであげて、我にかえりました。

 あぶねー、迅速魔がなければ、30までやってたわこれ。ララフェル凶悪。小悪魔フェロモンだよこれ。

 我にかえって、幻術士になりました。

 呪術士だけど、別にこれといった面白さはなかったなー。ダメージディーラー(FF14ではDPSという。正直分かりにくい)なんで、最高ダメージの出せるスキルローテーションを組むんだけど、これ、はまると、同じことしてるだけなんだよね。クリ出たりするとかわるけど、基本は同じなんで、呪術士二人がならぶと、ラジオ体操してるみたい。シンクロって言うか、手を後ろから前へー、いちにーさんしー、大きく背伸びの運動ー。(トランス)

 みたいな。(やってる人にしかわからない)

 で、幻術士ですが、まだ10くらいなんで掴めてないですが、ソロは他と変わりませんね。しかし、このゲーム的な導線の上でサスタシャIDに放りこまらたら、そりゃ、みんな困惑するわ。ロールに求められるものの実戦的なレクチャーがないもの。初心者に優しくねーなー。まあ、FF14は初心者向けではないのかもしれませんが。

 つか、そのせいで白が少ないんじゃね?とか思うし。

 このペースでクエスト消化していくなら、多分サスタシャで一回止まります。全然、ロールの動きがわからない。練習しないと。

 学者とおいぜー。(もちろん、そんなこと考えないでも、ストーリーは進められます)

2013.10.23

FF14 迷走中

Written by
しゃちょ
Category
ネトゲ

 スウィフトパーチの一件を片付けた赤髪娘が、リムサ・ロンミサで、イエロージャケットのボスに報告していたときのことだ。「あっさり言ってますけど、3回くらい失敗してたますからね。ネタバレ上等なんで言ってもいいんですけど、最初の乱戦が一番きついですからね。NPC死んで失敗とか、ズルくね?つか、ヤ・シュトラさん、出てくるの遅すぎね?なにしてんの、あの人」

 お前は何を言ってるんだ?

 話を戻す。

 そんなこんなで、報告をしていた赤髪娘の前に、リムサ・ロンミサの提督、メルウィブ・ブルーフィスウィンが現れた。

20131022001.jpg  彼女は、赤髪娘の活躍を耳にして、こいつを晩餐会に招待したいと言ってきた。「ちょっと、あたし、ストーリー上の都合ですけど、なんか、英雄扱いなんですけど!やめて!」

 といいつつ、まんざらでもない。

「しかし、着ていく服がない」

 バデロンに相談すると、さすがはバデロン。赤髪娘のために、フォーマルを用意したと言う。「やっほい!ドレスだね!イイネ!イベントアイテムだね!」

 うきうきで取りに行く赤髪娘の表情が、一気に曇ったあの瞬間は、ある意味、見ものだった。

「く、靴だけって...靴だけってなんだよ...あたしに、この、悪の手先みたいな格好で晩餐会にいけっていうのかよ...」

 悪の手先な訳じゃあるまいし、かまうまい。「おまえらみんな、死んでしまえばいいんだ。ああ、バデロンの笑顔のサムズアップが目に浮かぶ...」

 そ、そうか。

 ともあれ、宿屋であれやこれやと服を探す赤髪娘。「今までアイテムを一つも売って来なかった伏線が、こんなところで役立つとは!」とは言うものの、冒険者装備しかないだろう?

「着ていく服がない...ドレモカワイクナイ...」

 普段通りでいいだろう。冒険者なのだから。

「はっ...!? これはもしや、乗り遅れた感があって、一回も着ていない、この装備の出番では!?」

20131022002.jpg  おい...

20131022003.jpg  おい......

2013.10.20

FF14 いまのとこ

Written by
しゃちょ
Category
ネトゲ

 FF14のプレイを何か形にしようと、とりあえず1週間分ほど、ざーっと書いて、自動公開してみたが、ちょっと違うな。もうちょっと面白くプレイ日記できないもんかな。ちょっと模索したい。

 ホントはROの時みたいなスタイルの方が面白いとおもうんだけど、アレは書くのに1日かかるんでねー。パフォーマンス悪いのよ。今回のスタイルは、文章30分、編集30分と、制作速度はいいんだけど(しかも、文章スマフオで書いてる)、ちょっとなー、面白い連載には、なってないよね。楽しみに待つようなコンテンツではない。自己満足の世界。

 ちょっとやり方考えるかなーと言うところです。ブログコンテンツは、スピード感じが大事。(適当)

 ちなみに、あと1週間分くらいストックあるんですが、クエスト追っているだけなんで、ここで書く必要ないんじゃねーか?って感じです。多分、乗せるとは思うけど。

 ルキノは今、レベル31です。クラスクエスト終わらせて、どうしようかなー、学者にさっさとなるために、幻術さっくりあげるか、寄り道すっかなーと悩んでいます。プレイ時間は、1日2時間から4時間。土日は結構灰プレイで、効率よくまわしてますが、まー、効率よくやれば、半月でこんくらいのペースは、出るとおもいます。社会人はちょっときついかも。いや、スピさんは効率を求めないからアレだったんであって、目的があれば効率出しますよ?ルキノとか、すていぬとか、へっぽことか。

 そーいや、リテイナーはララフェルにしたんですが、名前はすていぬです。へっぽこはチョコボの名前です。

 メインクエスト終わるまで、このペースだと、2ヶ月くらいかなー。そろそろ、真面目にロールプレイングゲームしようかなーと思ってはいるんですが、いかんせん、メインクエスト追うのはコンシューマーと感覚変わらないので、他のプレイヤーが、ID(クエストダンジョン)攻略のためのNPCのようです。構造的欠陥。そして、それが尾を引いて、エンドコンテンツがアレなんじゃねーかなとすら思います。この作りは危ないよねー、コンシューマーなら当たり前の構造だけど、これ、コンシューマーじゃないしねー。

 ゲーム自体は、普通です。価格のわりには、面白いかな。3ヶ月くらいなら、7000くらいなんで、ゲーム1本としては妥当かと。

2013.10.19

FF14 もはや回数は定かではない

Written by
しゃちょ
Category
ネトゲ

 海賊たちを倒し、手に入れた情報によると、どうやらこちらの一件は陽動だったようだ。赤髪娘、こうしてはいられない。すぐにスウィフトパーチ入植地にむかうんだ!「バデロンいるかは人使いが荒いですー」

 入植地で報告をあげていた時、あの海賊たちが現れた。「いやー!死にぐせついてるから、いやー!!先のクエでも、2回死んだから、多対多はいやー!!」

20131013017.jpg つべこべ言うな!来るぞ!?

 イエロージャケットの戦士たちの前線を維持すべく、フィジクを飛ばす赤髪娘。いいぞ、程なく、撃退できそうだ。赤髪娘も、いっぱしになってきたな。「3回もやれば、こつもつかむよ~」...おい。

 海賊たちを退けた後、イエロージャケットの戦士たちは残党狩りに散っていく。ふぅと一息ついているところ、悪いが...客だ。

 黒いローブの男。あの、海賊たちの裏で糸を引いていた男が姿を現した。「うっひー、連戦ですかー!?」

 仮面の魔道士はつぶやくように言う。「なるほど、それが力の理由か...どうりで石人形ごときではかなわぬはずだ」「いえいえ、のーせんきゅー」「しかし...!これはどうかな?」「いーやーめーてー!」

20131013015.jpg「貴様は危険な存在だ。ここで芽を摘んでおくとしよう」
 くるぞ!?

「やらいでかー!!」

20131013016.jpg「といいつつ、実はわたしの方が、見た目は悪の魔道士ですけどね!」

1  2  3