studio Odyssey



スタジオ日誌

日誌的なもの

2016.12.16

ロボットもの

Written by
しゃちょ
Category
読み物
雑記
Tags



「ひとつだけ確認しておく」
 俺は、それに尋ねた。
「彼女がパイロットになったとしても、それは、後から変更可能なんだな?」
 それは答えた。
「問題ない」
「わかった」
 俺は頷き、返した。
「俺がお前にインストールされてやる。それで、お前は動けるんだな?」
「ちょっと! やめてよ!」
 泣きそうになりながら、彼女が言った。
「嫌だよ! なんで私がそんな──!」
「彼は死ぬ。そして、彼の選択を君が否定すれば、彼も、君も、この星の生命体の全てもが、命を失う事になる」
 それは答えた。
「彼の死は、回避できない」
 非情だ。まあ、この出血なら、そう長くは保たないんだろうなという事くらい、俺にもわかる。あと、何分だ? 二分くらいか?
 それは続けた。
「君は、彼の選択を、認めるだけでいい。私のシステムの一部が破損して動かない現状は、彼の意識を上書きインストールすることによって、修復される。私の自我は彼に上書きされ、消えるが、同時に、彼は私のアーカイブへのフルアクセスを得る。彼なら、私をうまく扱えるだろう。大丈夫だ。先にも言ったが、君は、彼の選択を認めるだけでよい」
「なんで──やだよ! 重すぎるよ!」
「君の選択で、彼の死は、多くの命を救うことになる」
「やだよ! なんで私が──!!」
「頼むよ」
 俺は笑って、言った。
「せめて、最後くらい、カッコつけさせてくれよ。嘘でも──彼女、守らせてくれよ」


 その日、俺たちの街に、怪獣が降ってきた。
 それと戦う、ロボットのような、人工生命体と共に。
 俺が、彼女に告白されて、初めてのデートの日に──槍じゃなくて、怪獣と、巨大ロボットが降ってきた。

続きを読む <ロボットもの>

2016.12.14

二本

Written by
しゃちょ
Category
日記

 年内に、二本、読み物が公開される設定にしておいた。スケッチシリーズ。

 メガネvsラガンって、もう一年前なんだなぁ。はぇー。

 まぁ、公開される二本は、実に俺っぽい感じの、くだらない感じのショートです。続きは書きません。

 金曜に公開されるはず。


2016.08.18

むきー!

Written by
しゃちょ
Category
雑記

 いやね、書いていない僕が言うのも何ですがね。

 メールがね、来るんですよ。ブログのコメントを承認してくださいって。

 これね、スパム認定されると、承認ないと、公開されないんですよ。なんかね、最近、来始めたんですよ。MTバージョンアップサボり気味したし、どっかでやるか。

 すり抜けてしまったりするかもしれませんので、コメント欄のリンクとかは、ちゃんとと信頼できそうなものだけ、踏んでくださいね。

 俺は踏み抜くぜ!っていうのは、止めはしませんが。


2016.04.05

おー

Written by
しゃちょ

 書いてないねぇ。ブログ。

 4月になって、新人たちが入ってくるんだけど、俺は今回も講師しないので、わかんないけど、そろそめ、パソコン触ったことまない世代が入ってくる頃だろう。タッチタイピングって、なんですか、の世代。

 そういうのも考えていかないといけないと思うんだけど、まぁ、考えてないよね。

 Xamarinさわり始めた。これで何かやろうとは、今のところ思ってないけど、たぶん必要になるんだろうなぁと思ってる。

 ブログネタない。


2016.01.27

にゃー

Written by
しゃちょ

 あんまり書いてないなぁ、ブログ。

 まぁ、書くこともないんだけど、なくても毎日書く人は偉いよなー。っても、そもそも今時って、ブログよりマイクロブログの方がはやっているだろうから、ブログ書く人も少ないとは思うけど。今時のネットって、何がはやっているんだろ。

 流行り物にすら疎い。最近のはやりを知りたい……マジで何がはやってんだ? ラインとか、身内コミュニティばっかりなのか。Webサイトははやらないのか?

 自分が巡回するのも、まとめサイトくらいだしなぁ。おっさんははやりに疎い。


2016.01.06

足が痛い

Written by
しゃちょ
Category
雑記

 なんぞ、足が痛いぞー。

 ともあれ、今日のブログは、タブレットで書いてみたりしている。たぶん、タブレットは初。ってか、実はIEだとまともにプラグインが動かないから、更新できないんだよね。Atokだし。いろいろ相性問題がー。がー。

 なお、これはFirefoxで書いている。

 タブレット、Atokがまだ馬鹿だ。キーたたいてないしなぁ。キーちっちゃいから、カナ入力の俺にはちょっときついところなんだよね。カナ入力最強。

 特に話題はなし。

 あんまり新年の投稿が上にあるのもいやなだけ。


2016.01.01

2016年

Written by
しゃちょ
Category
日記

 あけましておめでとうございます。2016年です。

 旧年は、スケッチシリーズと称して、短編を何本かやりました。最後は、俺らじ企画の、メガネvsラガンを連載しましたが、今年もまあ、こんな感じのショートをちらほらやっていこうと思っています。

 いまだFF14をプレイしているので、FF14に飽きたら、飽きたころから、なんか新作でもやれればなと思っていますが、ボケ防止にちょうどいい感じなので、今のところ、まだ飽きは来なさそうです。指先の運動。もしかしたら、ToSがくるかもなので、それはやるかもしれませんがね。あいつらがまた、もどってくるかもしれませんね、面白いかどうかで、変わるでしょうが。

 長編は、やりたいのはあるんですが、どうかなぁ。最近は、またファンタジーがやりたいんですよね。とはいえ、未完のままのものもあるし。

 どうでもいいけど、このブログのアクセス数でトップのものは、C#のプログラミングのコードなので、そっちのが望まれているっぽい気もするんですが、まあ、それはネタがあったらやります。VSのコミュニティエディション、タダになったし。

 まあ、今年もだらだらとやってくので、よろしくおねがいします。あ、できればサイトをスマフォ対応にしたいが、ページ数が6000とかあるんだよなぁ。このサイト。


 デーンデーンデーンデデデーンデデデーン。
 な、感じの頭部が降って来る──のか否か。はてさて、メガネの暴走に、ラガンはいかにして立ち向かうのか。
 そんなこんなで、
「とおう!」
 トーちんは多目的教室の割れた窓から、グラウンドに飛び降りた。
「ここ、三階!?」
「まあ、トーちんなら問題ないよ」
 どしゃーんと、大地をひび割り、トーちんはグラウンドに着地する。重量感が意味不明だが、気にはしない。
 そしてもうもうと舞う土煙の中、トーちんは空を見た。
「あれかっ!?」
 上空に、何かの黒体。
「ビッグメガネ!!」
「ふ......はーっはっは! そうだ、トーちん! あれこそが、ビッグメガネ様! 世界を、トーちんを、俺様の腕の中に永遠に閉じ込めるために、今、ここに、降臨なさるるのだぁぁぁ!」
 いつの間にやらグラウンドに降りてきていた加賀が、ずびしとトーちんを指差して言う。
「アホなことをしやがって──!」
 いや、お前ら今まで、それ以外のことをしていたか?
「あれを止めろ、加賀!」
「厶ぅぅぅリだね、トーちん! 王たる俺が望んだのだ。俺を殺すでもしない限り、あれは止まらんぞ! って、エエええぇぇー!!」
 問答無用で殴りかかったぞ、こいつ。
「......避けるな」
「避けるわ!」
「愛しているなら、殴られろ。そして、死ね!」
「バイオレンスラヴ!?」
 再び殴りかかるトーちんをかわす加賀。
「ちぃっ!」
「マジだな、トーちん! それくらい、俺を愛してくれていれば!」
「お断りだ!」
「ビッグメガネ様、どんどん近づいてるよー」
 多目的教室の窓から身を乗り出して叫ぶ遊人に、何だ何だと他のクラスの連中も顔を出す。あ、ボブ先生......
「トーちん! なんとかしなさいよ!」
 霰が言った。
「あの空から落ちてくるビッグメガネ様が地球に衝突したら、マジで人類滅亡じゃ済まされないわよ!」
 説明に、窓から顔を出していた生徒たちも空を見て、「おおー」と唸った。霰、説明ありがとう。でもみんな、ああ、あいつら、またなんかやってるって感じだけどな。日常日常。超日常。日々是人類滅亡。
「加賀!」
 かわしまくる加賀にしびれを切らし、トーちんは指を突き付けて言った。
「お前がその気なら、俺にも考えがあるぞ!」
「ほう......」
 メガネくいっで、返す。
「俺様の気持ちに、ついに気づいたのか、トーちん......」
 うん、多分、話、噛み合ってない。
「ラガンの力を──」
 トーちんの裸眼が、ぎらりと輝く!
「使わざるをえんなあ!」
「それを待っていたのだ、トーちんんん!」
 トーちん、踏み出す!
 パンチ!
 加賀、迎え打つ!
 パンチ!
 トーちんの輝く右目、加賀の輝くメガネ、そして二人の輝く拳がぶつかり合い、衝撃波が大地を駆け抜けた!
「ラストは、王道バトルものだー!!」
 窓から身を乗り出す観客を煽るのは遊人だ。
「あの......人類滅亡の危機って......」
 霰の呟きは、誰の耳にも届かない。

続きを読む <メガネvsラガン5>

 爆発はオチだけではなく、しょっばなっていうのもあるんだぞ。覚えておけ。前回のひきってやつだ。と言う訳で──
 大爆発!
 弾け飛ぶ教室のドアから、
「くっ、ぶちきれてやがる......! こんの変態メガネが!!」
 廊下に転がり出てくるトーちん。
「全部トーちんのせいじゃない!」
 遊人。そして、
「ちょっと! なんであたしまで巻き込まれてるわけ!?」
 霰の三人。
 はてさて。
「トーちんンンんん!!」
 三人を追うように、禍々しいオーラを纏った加賀が、廊下に姿を現す。
「トーちんを殺して、抱きしめて頬ずりして、一週間くらい一緒にごろごろしてから、オレも死ぬぅぅぅぅぅぅぅぅ!」
 反射するメガネのレンズに、その瞳の奥は見えない。だが、確実に言えることは、変態。狂気。キモい。
 加賀のメガネに、パワーがリチャージされる。
「また撃ってくる気か!? 遊人! 盾だ!」
「はい!」
「へっ......?」
「「妙技! 身代わり入道雲!」」
「あたしィー!?」
 爆発。
 場面転換にも使える。有能。

続きを読む <メガネvsラガン4>

 さて、いい加減、いろんなことは置いておいて、垂れ流される日常を、あるがままに受け止めて生きることこそが、唯一の救いと、みなさまも感じ始めている事だろう。
 そんなこんなで、三話。私はこんな日常、全く望まない。
 はてさて、トーちんは教室へと入る。
 一限のチャイムが鳴ろうかという三分前──
「完璧だ。俺の記録は、今日も守られた」
 ご満悦、だがしかし──!
「あら、遅かったわね。出席をとるわよ、席につきなさい。トーちん」
「やはりでくさったか、貴様ぁ!」
 後ろにいた遊人を引き寄せ、首筋チョップ! 目からビーム! 流れるようにスムーズ!
 放たれた先にいた相手は、
「ひゃわぁぁぁぁぁ! ちょっと! やめなさい! 先生に向かってなんてことするの!」
 とか言いつつ、かわす。ビームをかわす女、誰であろう、
「入道雲 霰! お前、前回出番ほとんど無かったから、今回だろうとは思っていたが、いきなりか!」
「僕なんて、前回、死んだとか言われてたのに、ナチュラルにトーちんの後ろにいた事にされてたよ......」
「シーン変わったしな」
「ボクはシーン一回の、打てば響く便利アイテム扱いだったのか......」
 ともあれ、
「入道雲、てめぇ、まったく予想通りの行動をとりやがって! しかも先生だと! ふざけるのも大概にしろ! お前は生徒だろうが! 担任のボブはどうした、ボブは!!」
 前回の予告に出てたボブ、担任だったんだ......
「ボブ先生は、今日から産休をとりました。よって、今日からこのクラスは、独立風紀委員会の管轄になりました」
 さんきゅう?
「まて、ボブは男だ」
 だよな。
「さ、最近は殿方も、産休を......」
「とらねぇよ」
「えー? 取るかもよ? ジェンダーフリーってやつだよ」
 お前が言うと、深いな、男の娘。

続きを読む <メガネvsラガン3>

前の10件