studio Odyssey



スタジオ日誌

日誌的なもの

2017.11.04

 ASP.net Core 2.0で、swaggerつかって、クライアント側で、REST APIを使って、Client Proxyを作って、Windows Forms でいろいろする。

 いや、まぁ、WPFでもいいですし、UWPでもいいんですけどね。あと、今回ご紹介する方法は、swagger.json のURLをAPI毎に任意にわけるとか、そんな感じの事もします。けども、swaggerの使い方とかは触れないので、swaggerの使い方を知りたい人は回れ右で、他のもっと親切なサイト様へどうぞ。

 でで。

 やりたいことしては、REST APIを使って、Client Proxyしたいので、まずは、ASP.net Core 2.0 で、Web APIサイトを作りますですます。あ、Visual Studio 2017です。15.4.2です。当然、.net Coreあたりの開発はインストールしておいてくださいね。Azure系のも必要です。(REST API Proxyを作るのに使うんだっけな)まぁ、最新にしておけって事ですよ。あ、C#です。

続きを読む <ASP.net Core 2.0 で、Web API とClient Proxy>

2017.11.03

SQL Developer Oracle 12c

Written by
しゃちょ
Category
プログラム

 SQL Developer で、Oracle 12c につなごうとすると、NullPointerException が起こって、接続できない問題。

 17.x系のバグっぽい報告もあったり、fixされたとかあったりしたんだけど、まぁ、つながらなかったりするわけですよ。でね、結論から言って、なんてことはない、Oracle Clientのバージョンが 12.1 以上でないとつながらないという、単なるドライバの問題なんですよ。

 もうね、その情報ですら、日本語で取得できないわけですよ。いやわかんない。あるのかもしれないけど、見つからなかったわけですよ。

 で、解決策としては、ドライバあげればいいんだけど、Oracle Clientは開発環境の問題とかで、バージョン上げたくないんだよーっていうことが、あるわけで、そういう人のための解決方法ね。

 Oracle Instant Client使えるなら、アレ使えばいい。いや、しかし、PATHに書いちゃったら、開発環境汚すから、PATHには書かない方法でやる。

 Oracle Instant Client は、使い方わかっている前提で、

  • Windows の場合の話。他はしらん。まずは、Instant Clientをダウンロードして、適当に解凍する。
  • 本当はPATHを通すんだけど、PATHは通さない。
  • TNS_NAMESは通してもいい。(通さなくてもいい)
  • SQL Developer を起動する
  • ツール-プリファレンス-データベース-拡張
  • Oracle Clientの使用にチェック
  • 参照で、インスタントクライアントにして、インストールしたパスを指定。(TNS_NAMESはこの画面でも指定できる)
  • まだ動かない。まだ慌てる時間じゃない。
  • ヘルプ-バージョン情報-プロパティで、java.library.pathを探す。
  • 値をメモ帳にでもコピる。見たらわかることだけれど、これ、基本的にPATHの環境変数のコピーみたいなもん。
  • インスタントクライアントのバスを追加する。いらないものは消していい。
  • このPATHをSQL Developerがロードすればいいので、sqldeveloper.confを探せ。(多分、binの中。すげー変なところにある)
  • AddVMOptionが並んでるとこの適当なとこに。
  • AddVMOption -Djava.library.path=C:\Oracle\~ みたいに、先のパスを書く。
  • SQL Developer を再起動して、conn conn connnnnnn!!!1!!

 最近はこんなことばっかに引っかかってるきがするなぁ。

 気が向いたら、ASP.net Coreでつぶやいていたやつもまとめるかもしれない。

2012.05.06

げー、二年前かぁ

Written by
しゃちょ
Category
C#
TRPG
プログラム
Tags

 ちょこ@DXをちょっと直したけど、初めてこれがこのブログに出たのって、2年も前なのね。

 もう、バージョンアップだろ。つーか、IRC周りとか、チョコアでなくて、SmartIRC.netとかで実装すればいいじゃんっていう気もする。面倒だからしないけど。

 つーか、コード汚いし、バグだらけだし。

 これって、確か、DataGridで並び替えとか、ドラッグアンドドロップとかのテストのために作ったんだよなー。仕事の技術検証のついで。フレームワークも2.0だから、Func<T>ないし。今なら、ラムダ式で書いちゃうよっていうのが散見される。まー、何も考えずに書いたしなー。

 ちょっと直したコードとexeは、ブログのどっかにある。exe持ってく時は、上書きする前に、dxdb.mdfをどっかに待避しておいてください。戻せば、データ消えないよ。

 まぁ、別に自分はこれで困らないので、困ったらその時考える。それこそ、HTML5で書いた方が、タブレットで使えていいよね。あ、IRC連動どうすんだ...普通には、socket通信できねーだろ。結局何かコンポーネント必要になるなら、作るのめんどくせぇし、いらねーや。

2011.01.22

VisualStudioで、Javascript

Written by
しゃちょ
Category
プログラム

 Web開発なんかもする俺ですので、VisualStudioでJavascript(正確には、やつはJScriptだが)なんかも書くわけですが、VS2010から、Javascriptのインテリセンスもよくなったよ!とか聞くので、いろいろ試してみた。

 たしかによくなっているんだが、Javascriptが結構、いろんな事が出来ちゃう所為で、いろいろと微妙だ。つらつらと書いてみよう。

続きを読む <VisualStudioで、Javascript>

2010.07.24

VisualStudio2010

Written by
しゃちょ
Category
プログラム

 いい加減、そろそろさわらないといけないので、さわっているのだが、コントロールライブラリを4.0にあげて、コード分析をかけたら、警告スゲーでるのね。

 2008の時の分析で、1つもでないようにコードを書いておいたのに、2010はスゲーでる。まぁ、だいたい、間違いを言っている訳でないので、直していたんだけど(でも、Stream系で、usingの中でCloseしていると怒られるのはどうなのか...まぁ、いらないのはわかるけど、二重の破棄が問題になるのは、実装のせいだろ)、ProcessCmdKeyのオーバーライドをした時の警告が、どうするのが正しい解決なのか...

 Linkなんちゃらの属性つけて、セキュリティなんちゃらの属性つけてっていうのが正しいのか...つか、そもそもレベル2のなんちゃらと言われるけど、もともと、コントロールがそれに乗っ取ってないし...

 Windows Formは使うなって事かなぁ。

 OracleConnection系の警告って、まとめて抑制できないのかなぁ...うぜぇ...

2010.05.17

ちょこ@ DCC Send

Written by
しゃちょ
Category
C#
TRPG
プログラム

ChocoatDCC.gifCHOCOAは、古いアプリケーションなので、今時代の環境だと、ファイルが送信出来なかったりするわけです。

とはいえ、CHOCOAにはNAT機能が存在するので、ファイヤーウォールに適切にポートマッピングを追加してあげて、設定すれば、送れます。

でもね、コンピューターわかんない人には、わかんない訳ですよ。

なので、ちょこ@の拡張機能の一つとして、UPnPを使ってポートマッピングを追加して、CHOCOAのNAT変換を設定してくれるアプリを作りました。

これで、今までCHOCOAでファイル転送出来なかった人も出来るようになります。メッセンジャーでファイル送れないーって人には、これでも無理なんだけど、今時のファイヤーウォールなら行けるんじゃないかなぁ。

バイナリ(exe)はここ。 Chocoat.DccSupport.zip

詳しい使い方は、

続きを読む <ちょこ@ DCC Send>

2010.05.13

ちょこ@

Written by
しゃちょ
Category
C#
プログラム

 ちょこあはシンプルなインターフェイスで、ずっと使ってるんだけど、FWの内側にいると、IRCのファイル転送がきかないんだよね。当然、ポートマップをしてあげれば、ちょこあはNATに対応しているので、出来るんだけど、そうそう滅多に使わない機能のために穴を開けるのもねって思ってたんだけど、そういえば、UPnPを使えば開けられるじゃんと気づいて、ちょこ@は中身C#なんだし、やりたい放題じゃね?NATもCCAPIで設定出来るみたいだし。

 と思って、ちょこ@に機能追加。テストはうまくいったけど、最後のちょこあ側のIPアドレス登録部分。ドキュメントだと、INTって書いてある...

 これは、なんかそんな計算式があった気がする...それなのか...それだろうなぁ...

2010.05.10

ちょこ@DX3rd

Written by
しゃちょ
Category
C#
TRPG
プログラム
Tags

 ちょこあっとに、DX3rd用のサンプル実装をつけました。

 インターフェイスはまだ変えると思う。これ、ロール作る時に間違う。

 セーブとかないです。作ると思うけど。

 エフェクト系の管理もないし...まぁ、自分が欲しいものだけを追加するので、実際に運用に耐えるかどうかはしらない。「ゆにだいす」は、使っているダイスボットなので、ダイスボットの部分は、必要に応じてコードを変えてください。オデのダイスボットではないです。これはconfigに出すかも。

2010.05.07

DX3のセッションをやって

Written by
しゃちょ
Category
C#
TRPG
プログラム
Tags

 ダブルクロス3rdのセッションをしたんですよ。

 もうね、アレですよ、ダイスの数とかね、数えられない。無理。

 もうね、プログラムでサポートつけないとだめよ。オンラインだからさ、その気になれば何でも出来ちゃうんだけどさ、今までは、やらないようにしていたのね。というのも、そういう面倒くさい事も含めて、TRPGって楽しいじゃん。

 でも、DX3は、アレだ。ダイスの数が数えられない。ただでさえ、計算アレなのに。

 もうね、禁を破りますよ。楽しくプレイするためになら、ある程度はコンピューターにサポートしてもらってもいいんじゃないかなって。

続きを読む <DX3のセッションをやって>

2009.09.28

 さて、そんな訳で、時間ができたので、VisualBasic PowerPacksに入っている、DataRepeaterコントロールのお話をしよう。
 別に興味ない人は読み飛ばし推奨。

 さて、このコントロール、まぁ、検索でここにたどり着いた人たちは言うまでもない訳で、そういうコントロールです。どういうだよ。っていうか、説明が面倒くせぇよ、説明なしな!

 で、このコントロール、結構、癖があって使いにくいです。
 データバインドされたコンボボックスのデータを表示すると、他の行のコントロールと連動して表示がかわっちゃうとか、DataTableバインドしていて、Not Nullなカラムがあると、次の行に行ったときに、DataErrorが起こるとか、制御がすげぇ面倒くさい。

 とりあえず、使う上で、いくつかのポイントをあげておきます。

  • リストに対してバインドされたコンボボックスは、手動でやるしかない。
  • はっつけたコントロールの、DataBindingsプロパティの要素の一部はコピーされない。
  • ItemTemplateのValidatingは、複数回呼ばれることがあるので、気をつけないとだめ。
  • 追加のためのメソッドであるAddNewは、結構、使いづらい。
  • データバインド後に、ResetBindingsを呼ばないと、いろいろ変なことになったりする。

 みたいなー。

 さて、そんなわけで、簡単なコードをおいつつ、見ていきましょう。

続きを読む <DataRepeaterコントロールのコード>

1  2